=江沢旅行舎レポート=

2010年4月21日

ついに実現ブルーハワイの川面に感動(笑)

Aller!Aller!梅ヶ島温泉

 

4月21日(水)
3度目の正直?やっとのことで行くことができた
梅ヶ島温泉。前日の天気予報も各社バラバラ、、、

 

‘またダメかぁ‘
とため息つくこと夜まで、、、、

 

概ね、この水曜日の日中だけは‘晴れ‘となってきたので
‘よーし!行くゾ、、‘と気合を入れて床に就きました。

 

朝は晴天!早速、Brutale990Rで中井PAに向かいます。
急な告知のため今回は一人。気ままに出発です。
清水インターから静清バイパスを経て梅ヶ島へ、、、
案内板も分かりやすくなっているので迷うことはありません。
安部川の上流までガンガン登ります。市街地を抜けると
そこは南アルプスの端になります。山と谷と空が‘3D‘状態(笑)に
展開してアタマがくらくらしそう。
安部川と平行して街道は展開するのでフラットなワインディングが続きます。
いくつもの集落を抜け、橋を渡って中井PAから2時間半ほどで梅ヶ島温泉の入り口、
コンヤ温泉に到着そこから奥に10キロほどで梅ヶ島温泉です。
昭和初期の頃は陸軍の保養、療養施設があったところだそうです。
確かに、ココは都市から離れていて戦争の‘影‘の部分を受け持つ地域と感じを受けました。

 

安部峠を抜けて身延に行こう!とマシンを進めましたが、、、
なんと、、、通行止め(笑)4月末まで通行できません。

 

黄金の湯でのんびりして横浜に戻りました。
途中で井川に向かって走るのもいいですね。
次回は井川から雨畑へ抜けます。

 

アップライトなBrutale990R,ツーリングにぴったりです。
ネバリ強いトルクがアクセルコントロールを楽にしています。
その分、風景を愉しむ‘余裕‘が出てきます。もちろん、
その気になれば、、、視界が良いので狭いワインディングは‘敵なし‘でしょう。
1090Rにも乗りました。さすが上級モデルとあって990Rと
‘比較‘して上質です。乗り味も全然違います。エンジン音だけでも
別なバイクです。好みが分かれるバイクです。どちらが良いとか悪いとかではなくで、、、、
個人的には990Rの‘獰猛(Burtale、ネーミング)なところが
はっきり演出されていてこちらが好きです。

                                                                                                                    レポートTOP