=江沢旅行舎レポート=

2006年5月4日(木)、5日(金)

ツーリングレポート:信州横断、今年の冬は本当に寒かったそうだ1泊2日ツーリング

 

今年初めての江沢旅行舎ツーリングです。ゴールデンウイークのお休みを利用して行ってきました。

横浜-下諏訪-信濃大町-中綱湖(泊)-白馬-
長野市-小布施-野沢温泉-津南町-越後湯沢-横浜


今回のツアーは出発前日に話が持ち上がり、宿泊先を手配する(!)突然出発ツアーです。
それもショールームにかかってきた1本の電話から始まりました。

「エザワ君、ボクの旅行の予定キャンセルになったんだけれど何処か行きませんか?」
「ウーン、今から宿の手配は厳しいですねー」
「行った先で探しましょう!何とかなりますヨ!」
「でも何処に行きましょうか?」
「エザワ君に任せますヨ!あっはっはっ!では明日ヨロシク!」
「、、、、、、、、」

それから過去多くの宿泊した先で地味な宿から片ッ端から電話して空き状況を聞いたのですがやはりすべて満室。その中で1件、昨年
夏にお世話になった信州中綱湖の宿の女将さんから「うちは女子高の合宿があって(!)あんたが泊まる部屋は用意できるけど状況が状況だけに(?)今回は勘弁して!だけど2軒隣の宿に空きがあるから紹介するね」といわれ、早速、そちらに連絡。予約のやり取りの中で「うちは何もしてあげられない質素な宿だけれどいいの?」「大丈夫デスヨ!今時のサービス過剰の宿には飽き飽きしているからテキトーに面倒みてください。」そして予約はOK。これで安心してツーリングを楽しめます。

そして出発当日を迎えました。
今回の参加メンバーはスタッフ江沢と整形外科医の木下さん、歯科医の尾立さんの3名。尾立さんはニューマシンのシェイクダウンを兼ねての参加となります。朝7時ショールームに集合です。そこから中央高速を利用して諏訪大社で昼食、山菜のてんぷらをおかずにそばを堪能しました。「ふきのとうが美味しく感じたらもうおじさんかな」と言ったら大笑いされました。
尾立さんとはここで別れて2人で宿に向かいます。北アルプスを左に見ながら北上します。午後2時に宿に到着。宿のお婆と雑談しながら「あっ軽トラを借りて温泉に行こう」と思い、聞いてみたら、OK! 早速2人で黒部ダムの麓の葛温泉へ。
ここは湯の花がそのまま湯船に残るところで景色はバッチリ!しかし、お湯がメチャ熱い!東京下町育ちの2人もこれにはチョット参りました。その帰りに信濃大町の造り酒屋でお奨めの地酒を買い込んで宿に戻りました。
もともと、スキーシーズンがメインの宿なのでオフシーズンはなにもありません。何もしないでのんびりするか、カヌー、釣りを楽しむかどちらかでしょう。たまたま次の日にこの集落で塩の道祭りがあって、むかしの塩の道を当時の衣装を纏った人たちが行列して、むかしのイメージを再現するお祭りがあるようでした。
6時に夕食です。地元の山菜をメインにした素朴な夕食でした。非日常の出来事はいつも新鮮な思い出になります。鱈汁、岩魚、ウド、美味しいですネ!夜は先ほど買い込んだ地酒を巨人阪神戦を観戦しながらちびちび飲みました。多分この日は9時には寝てしまったと思います。

朝、8時半出発です。ゴールデンウイークなので有名観光地は身動き取れないので地味(?)なところを走りましょうということで、長野県をそのまま横断して越後湯沢へ抜けるルートで横浜に向かいました。途中、豪雪地帯の所はまだ雪が積もっていて東京は初夏に近いのに、こちらはやっと春になったかなと思う陽気でした。走行距離750kmぐらいの旅でした。

次回は6月13日(火)、14(水)を予定しています。
7月は11日(火)12日(水)こちらは今回と同じ場所
中綱湖で蛍鑑賞、うなぎ釣り(?)を予定しています。
平日のことなので早めに休暇を取れる方、参加お待ちしています。

                                                                                                                    レポートTOP