≪≪≪                    REPORT TOP                    ≫≫≫ 

2010年8月22日(日) Aller!Aller!梅が島温泉

TIOの今年初のツーリングです。
最近、お客様から<TIOではツーリングをしないのですか?>
と聞かれることが増えてきました。スタッフ江沢個人としては
毎月、好き勝手に彼方此方、、、、、、と行っていますが、お店としては、、、、、3月以来、、何もしていません。
7月終わりの頃にお客様から‘梅ヶ島温泉‘行きましょうか?とリクエストをいただき、あれこれ考えて‘水遊び‘と‘ランチ‘をメインとしたツーリングにしました。
お盆休み後だから、、、走りのツーリングは‘春‘‘秋‘にしておきましょう。

出発日の2,3日前から‘初めてですが参加OKですか‘とお問い合わせもありまして
やはり、みんなバイク乗りたいんだなぁ、、と思いました。

ルートは東名清水インターから静岡方面に向かい、途中、安部川に沿って北上します。

その行き着く先が‘梅ケ島‘になります。この地域はツーリングコースとしては寸又峡、

井川湖に向いてしまいがち。その中で梅ケ島は‘マイナー‘な場所に見られます。
‘誰も行かない所‘に行くのがスタッフ江沢の‘趣味‘なので今回のツーリングも
目的地まで気持ちよく走り抜けるルートを選びました。

そして当日。
朝7時の足柄SAには参加されるマシン、最古はダーマ改SSベベルから最新は
749RまでDUCATI30年間の歴史を飾る(笑)マシンばかり。しかもフルノーマルは 無い(と思います)TIOならではの集合体で静岡の秘境‘梅ケ島温泉‘を目指します。

国道バイパスから県道に入って梅ケ島まで一本道になります。
みんなそれぞれのペースで走ることができます。
最初は静岡市の住宅街ですがだんだん、お茶畑が多くなって、田舎らしい‘集落‘と町並みも変化していきます。安部川もその川幅が徐々に狭くなり、梅ケ島到着の頃には5メートルほどの渓谷になります。

10時には目的地‘梅ケ島‘に到着して早速、川遊びの準備、、、、しかし、川に降りる設備、ルートがありません、、、、、この上流には砂防ダムがあって急な増水の危険性 のため、川に行けなくしているようです。確かに目の前には滝が2つあるし、、、、

ダメかなぁと思っていたら‘コレ!で降りるの?‘とお客様がツルハシロープを発見!

まるでアスレチックコースを思い出す光景(笑)男性はいいけど女性は、、、、
早速ロープを使って唯一川に行けるルートを試します。レンジャー部隊みたい(笑)
意外と難なく川にいけました。そこはマイナスイオンの宝庫。川の水温も心地よい
冷たさです。南アルプスの天然水?です。

2時間も水遊び。ある人は全身ズブ濡れ、ある人は滝に打たれ、ほとんどプライベートビーチ
状態(笑)。誰も見ていないのであんなこと、こんなこと、、、ここで事前予告の海パンとサンダルの用意!の意味を納得されていました。

お昼はすぐ横にある一軒だけの‘食堂‘です。なんと静岡名物‘ODEN‘がありました。
早速、列をなしておでん取り合戦(笑)。黒はんぺん、煮玉子、大根、ジャガイモ、田舎蒟蒻
一本どれでも100円でした。独特のフリカケをかけていだきます。

ごはんの後は温泉に行く人、路上で昼寝(笑)する人、、l、のんびり、ゆったりです。

 

今回は走りのツーリングを強く考えていなかったのでこのまま戻るルートで横浜に向かいます。
やはり、帰りの東名高速は渋滞していて折角の癒しも‘帳消し‘になるくらい苦痛を強いられました。

途中、TIOツーリングには欠かせない?トラブルもありました。しかーし、準備万端!なので進行の支障にはなりません。やはり、マシンオーナーの深い‘愛情‘があってこそ!のことと思います。頭が下がる思いでした。

でもね、、、、スタッフ江沢はやってしまいましたょ、、、、不祥事発覚デス。
公表すると、、、山の中で‘ガス欠‘です。マシンへの愛情が足りないワタシでした。

みなさん、ごめんなさい、、、、

ご参加された皆さん大変お疲れ様でした。
また、飲み物、お菓子の差し入れを頂いた高垣さんご夫妻、
ありがとうございました。感謝!!デス。