≪≪≪                    REPORT TOP                    ≫≫≫ 

2006年8月6日(日) MAX10レース in 筑波サーキット

久々のTIO競技車両部のレース参戦です。
ワンデイライセンスで比較的気軽で参加できる(発足当初は本当にそうだった。しかし今はレギュレーションもしっかりしてきてきちんとしたレース格式になりつつあります。)MAX10にメカニック中村、セールスの江沢とお客様で藤元さん、満間さんの4名が参加しました。当日は真夏日、日陰がないと倒れそうになるくらいの暑さでした。体力よりも集中力が勝利の鍵と思うほどハードなコンディションです。噂ですと、前日の走行練習で練習しすぎて本戦欠場!というライダーもいたとかいないとか?
レースの日の1日はとても長い。朝5時ショールームを出発、6時30分サーキットに到着、テントを建てたり、いすを並べたり、チョット忙しい。30分後マシンを載せたトラックが到着。マシンを下ろして、受付を済ませて、やっと一息。でもすぐに予選の準備。暖機運転に向かいます。特にダブルエントリー(MAX10,MAX7)にエントリーしている満間さんは大忙しです。予選を連続2本走ります。休む時間はないのです。
MAX10の予選です。
スタッフ江沢はこの日は新着ツナギ、ヘルメット、グローブブーツと全部新品!借り物の姿みたいです。マシンはスタッフ中村は996SPS、スタッフ江沢は749S(お店のデモバイク、ハーフカウル仕様)満間さんは916SP、藤元さんは996SPSです。藤元さんはご家族みんなでライダーのお父さんをサポート。満間さんはご夫婦で奥様とTIO丁稚メカニックがサポートと和やかな感じで楽しまれました。スタッフ江沢はニュートラルスイッチの配線トラブルで予選は走れなかったのですがスタッフ中村は予選セカンドグリッドを確保し、藤元さんはなんと予選フロントグリットを確保と出足快調です。当然スタッフ江沢は最後尾スタートです。コノ暑さのなかでレースをしているのでやはり転倒マシンが続出し赤旗中断が多く見受けられました。集中力が途切れてしまうのでしょうか?
そして決勝です。
最後尾スタート、1コーナーが霞んで陽炎のように熱で揺れてよく見えません。練習しない結果がこの位置なのだと思いつつスタート!たしか2人抜いた!あとは逃げ切り!と思っていましたが甘かったです。最終コーナーでギア抜けして‘自分もここでお終いかな‘と思いながら8周のレースを7周で無事終えました。
結果は藤元さん1番、スタッフ中村4番 スゴイ! 江沢ビリ!
皆さんお疲れ様でした。お手伝いいただいた黒木さん、応援に駆けつけてくれた伊藤さん、渡辺さん、高畑さんありがとうございました。
今度は9月3日(日)の富士スピードウエイ最終戦です。もし興味があって参加をお考えの方、相談に乗ります。TIOショールームにお問い合わせ下さい。締め切りも近いのでお早めに、、、、