街角で、偶然に、知り合いのドカに出会うのは楽しい
すれ違ったり、ぽつんと一台停まってたり
持ち主が登場するまで、一人と一台でお喋りしたり
人もドカも顔に人柄は出てしまう、人柄が偲ばれるドカは楽しい
持ち主を想像するのは楽しい
街角で、偶然に、知り合いの彼女に出会うのは楽しい

60歳を前にして退職、週休3日で平日の箱根が多くなった
前が空いてる道を走ると自分の実力と向き合う事になる
15年間通っているのに思った様に走れない、経験だけでは次に進めなかった

 

今まで出会った人たちの印象に残ってる一言&二言
師匠達とのヤリトリ、モーターサイクルの事、走りの事、サーキットの事
格好良く走る=お行儀良く走る、だからニーグリップとリーンウィズで来たけれど
前が空いてるコーナーを楽しく走りたいから
膝を開いて見た、ステップの踏み替えをして見た
何だコーナーって楽しいんだ、修行では無いんだ

 

乗れてる時と乗れてない時の違いを結果的にしか言えない私の走りだった今まで
「コーナーをアクセルのオン・オフで走って見たら」の一言
「コーナー側のハンドルを押したり、押し加減でコントロールするんですよ」の二言
毎年8月はドカ休みだったけど、今年は未だ走れそうで箱根通い
アクセルのオンオフにハンドルのオンオフも加わって、コーナーが安定楽しくなった
やっと30年前の出発点に立てた、30年掛かっちゃったけど、ナンタルチーアの毎度

ドカ10万kmで気が付けばスタートラインにやっと到達
本当にドカが好きなの?一番なの??、解りません未だ未だ好奇心。

多様性を認める事。
色々な人が居る、そんな当たり前を尊重する事が民主主義
色々なドカを認める事が民主主義

答えは聞く事では無く自分で見つける物、走りながら、自分のドカだから

ドカな生活を続けるには、家族と幸運とドカな仲間とドカ屋さんを味方に付ける。

ドカに夢中だけでは子供の遊び、ドカは大人の趣味なんだから

無心に走りたい、無心になろうとしてなれるもんじゃ無いけど
走ることに意味を求めない
ドカに乗ることに意味を求めない
意味を求めない事に意味がある、それが無心

目立つのは楽しい、だから銀青よりサーモンピンクにした、
タンクをアルミにしたりコンプレッサーをくれちゃう友人が居た事も有ったけど。
目立ちのライバルは、意外と自分だったり、
勝っても負けても相手が自分では、勝負が付かない、
ズーット目立ちたがり屋。

乗り始めた頃、出来る事は自分でやって見た、やっぱりダメカだった。

雨が降りそうだからやめようか、今雨が降ってないから出かけ様か。
始動が今一つ心配だから今日は休もうか、前回は何とかなったから出かけ様か。
気乗りしないから今日は休み、気分は今一だけど前回行って良かったから乗ってみよう。
雨が降って来たから帰ろうか、雨の向こうは上がってるかもで行って見ようか。
濡れてて腰が引けちゃうと不安定だ、濡れてるとゆっくり走れるからたまにはいいかも。
何でも乗る理由になったり、乗らない理由になったり、
乗って後悔するか乗らないで後悔するか、That is Q?。
ハムレット生活15年、乗って後悔を目指してるのに、未だに後悔無し!?。