≪ページ≫   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 10 ・ 11 ・ 12  ・ 

 

13 ・ 14 ・ 15  ・ 16 ・ 17 ・ 18 ・ 19 ・ 20 ・ 21 ・ 22 ・ 23 ・ 24 ・ 25 ・

 

26 ・ 27 ・ 28 。

のどかな日記 ページ 28

=のどかな日記の本当の後書き=

 ハマのドカ屋おやじさん有難うございました。

 「ドカ日記書いて見たら」の一言で始まった掲載でしたが、終わってみれば何気ない一言が、何気有る事だった結果に終わりました。

 何気無さに、意味を持たせるかどうかは結局自分次第でした、どんなドカに成るか成らないかも自分次第でした、でも素材が良くなければ味付けようがないし、良い素材の提供に感謝してます。

 私にとってドカはスタンダードなMC.です(でした?)、スタンダードを繋ぐ事がドカに出逢えた自分の役回りと感じて居ます、川瀬さんもプロとしてスタンダードなドカを皆んなに伝えて下さい、ドカ4649お願いします。

 気が付けば、ドカ日記は我がドカと同様で心のままに進めて居ました、どかに失礼が有ったらドカお許し下さい、ドカの事になるとドカなってしまう性格は一生変わらない様です。

 川瀬さんと出会った頃「気分良く、事故らない走り」と言われた事を思い出します、教えは守れませんでしたが、私にとっては壊しちゃった事も含めてドカな世界でした。

 掲載を迷ってた時に「語り部でいいじゃん」と言って背中を押してくれた、ジェントルマンなdb1先輩ありが10ございました、一言って大きかったです、川瀬さんと三人でお喋りした時のフレーズを、時々使わせて貰いました。

 

=後書きその1=

中古のドカって面白い、前の持ち主の想いが偲ばれて、それを自分のドカに仕上げていく過程で自分の本性が垣間見られたり、意外と自分の事が解っていなかった事に気付かされたり、周りとのヤリトリの数だけドカも自分も成長!?出来ました。

ドカを知らなかった30年、ドカに乗ってた30年、ドカに乗れなくなってこれから30年?ドカに再会できるのかドカ、4年が過ぎて「ハマのドカおやじのドカな日記その3」はドカな?。

 

=想いあまって後書きその2=

 ドカとの出合いは突然でした、30才で二輪免許を取ったら750Sを持ってた知人が250ccシングルを譲ってくれました。

 ドカがイタリア製のMC.だとも知らずに、私のドカな出会い人生が始まりました。

 最初の師匠は一回り下で、後で解ったのですが高校の後輩でした。

 周りには一つ上の洒落たドカ乗りが居たり、10歳上のBM先輩が居たり、SS乗りの、後の若夫妻も居たり、車やKawasaki好きのF1乗り達や、大型二輪の免許を取ったら銀青900を譲ってくれた、ハングオンのミレ先輩が居ました。

仕事で出逢い、丘の上TIO.で偶然再会、西湘PA.で再々会のST2.さんは、大昔TIOで見掛けたスポンドンにも乗ってたり、泊り掛けや旧街道仲間のFXR.&シャドウのアメリカンの友、出会いは、二人を西湘PA.で会わせようとしたのに一人だけ行かなくって、二人は初顔でドカバタでしたね、時効ですがドカお許し下さい。

 そんなMC.先輩達と付き合っているうちに、ドカとドカ人生が形になって行きました。

 ドカを知らないままドカ人生が始まったのは幸いでした。

 先入観が無い分、その時々の自分と向き合えました、自分の本性が見えると、言い訳や逃げ場が無く辛い場面も有りましたが、気付かなかった本当の自分を知る事が出来ました&ドカ好きな自分にも気付きました。

 事故直後には、たまたま通りかかった知人の整形外科医がドカ屋さんに連絡してくれたり、入院先の整形外科に後輩が居たり、転院先にカミさんの知り合いが居たり、エレベーターから降りて来た車椅子の友人(シングル時代に一緒に走ってた)にバッタリ車椅子同士だったり、入院中は友人知人・後輩達のお陰でドカな時を過ごす事が出来ました。

 ドカ生活30年が過ぎて自分や自分のドカが見えて来て、さあ次の30年が始まりましたがドカに乗れないまま4年が過ぎました、このままご隠居さんとしてフェードアウトしてしまうのか、ドカな自分に再会出来るのか、ハマのドカおやじのドカな日記は一先ず幕です、皆様ありが10ございました。

 

=おまけ=

いつも、富士山に向かって走って居ました

気が付けば、富士山を背に、家に向かって走って居ました

家に帰るために走るなら、出掛けなければ帰らなくていいのに

 

=おまけのおまけ=

 先日、通院先のリハ病院の廊下を自転車で走りました、右折でアンダーになり左側の壁に向かっていました、気が付けば左手の甲が壁に挟まれ擦りむきました。

 ドカに乗り始めた頃、早川へ降りる西湘BP.最終右コーナーで壁が近づいてきた事を思い出します、次回の廊下コーナーでは、アクセルオフでセルフステアで旋廻して見ます、何をやってもドカな世界から足を洗えません。

 

=おしまいのおまけ=

 日記で使用した写真は日々のスナップを使いました、登場人物・MC.の許可は取っておりませんが、時々のヤリトリや風景の一こまで許されると勝手に解釈しました、失礼があったらドカお許し下さい、勝手に使った仲間の写真も有難うございました。

ドカおやじは次に進めてないのですが、ドカは復活しつつ有ります、素敵な物って自分の物で有って自分の物で無い様な気がします、そう思う仲間の間で乗り継がれて行くことを願ってます。

 

=近況報告=

 今朝起きたら「写経に行って来ます」と書置きを残して、カミさんが出掛けてました。

 「箱根に行って来ます」と書置きしたまま、2年間帰って来なかった我がドカを思い出しドッキリしました。

 ドカ仲間が「家族預金」と言って、家族と仲良くしてた事を思い出します。

 「おやじは勝手な事をしてる」と娘達に言われた時、「家族貯金を使わせて」と言ったら「残高0円、元々貯金して無いじゃん」だとさ、ドカ仲間の皆様「家族貯金」をドカお忘れなく、川瀬さんもね!!。

 

2011年9月9日 (安全運転の日・救急の世話にならずに走りませう)