≪ページ≫   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・ 10 ・ 11 ・ 12  ・ 

 

13 ・ 14 ・ 15  ・ 16 ・ 17 ・ 18 ・ 19 ・ 20 ・ 21 ・ 22 ・ 23 ・ 24 ・ 25 ・

 

26 ・ 27 ・ 28 。

 

のどかな日記 ページ 1

=10.02.初乗り=

 雨が上がり友人宅へ、バテてスタンドも掛けられ無い有様、走行距離10KMも無いのに。

 喜びより不安の船出、始動のコツ?、夜の排気音?、スタンド掛けや取り回しも心配?。

=10.05.初箱根=

 習うより慣れろ練習より本番、それが我が人生、早速箱根山に向かう。

 朝起きたらドカ名人になって居た・・・・、そんな事はナイチンゲールだった、友人にまったく付いて行けない。

 帰宅してヘルメットを脱いだら、耳クソがボッコと落っこちた、本当の様な本当の話。

 

=10.20.いつもの箱根へ=

 老ライダーのベベル3台で、西湘~芦ノ湖~長尾峠~東名。

 年長のミレさんはハングオンだった、オーソレミーヨのおミレ様。

 こんな乗りやすいモーターサイクルは始めてだ、今までの二輪人生の不幸を幸福に感じるのどかな人生が始まった。

 

=11.01.初見せ=

 ハーレーに乗ってる友人からTel.、ドカの音が隣町まで聞こえちゃったらしい、早速見せに行く。

 

=11.12.初乗せ=

 ファイバータンクをアルミタンクへ乗せ替え、居ても立っても居られなくって、庭に電球点けて夜間作業。

 フューエルコックの穴がアッチコッチ向いてたり、前後左右の非対称などなど、その大らかさに脱帽、日本人よ大らかに行きましょう。

=11.16.初塗り=

 居ても立っても居られなくってタンクの塗装、

ついでにシートカウルも塗る。

 シルバー&ブルーも良いが、やっぱりイタリアンレッドと言う訳でサーモンピンクにする。

 サーモンピンクが本物のイタリアンレッドだよと、行ってたイタリア人がイタリア?。

=11.21.初春や=

タンクを乗せて、のどかなドカの出来上がり

「目出度くもあり目出度くもあり」。

=12.01.初Solo 

    富士山がイタリアン晴れ、長尾峠でイタリアンピンクのドカは輝いた。

  路肩を走るとリアが変?、リアサス?、手持ちのリアサスに変えたから?、見た目ではダメ?。

 

=12.07.=

 新旧(F1とベベル)ドカで箱根へ、一人だけ遅れてしまう、まっいいか!。

 プラグ焼け過ぎ、エキパイ増し締め。オイル交換10W40/4L、この所のシフトダウン不調が解決か?。

 

=12.14.=

 Soloでつばきラインへ、新湘南バイパスを使わず1号線を走る、一寸慣れて来た?。

 国府津PA.で62才のBM.R65さんに会う、月に2回は箱根に来てるとか、負けられまへん!?。

 シフトダウンは相変わらず、しっくり来ない?。

 

=12.15.初ドカ屋さんへ=

 夜、ドカ屋さんへ、「キャブの前にヘッド、有鉛ガスの心配より無鉛対策、バックファイヤーは排気系の増し締め、街で乗るドカはアイドリングしなきゃ大変でしょ」だとさ!?。

 箱根山は凍結で年末年始は2月までお休み、あっと言う間のドカバタ3ヶ月でした。

 ドッカの皆様良いお年を。

 

=02.16.走り初め=

 一寸暖かくなって来たので仲間と城ヶ島へお昼食べに。

 皆んなはマグロのステーキ、私はイタリアンハンバーグ。

 

 =03.15.=

 Soloで箱根へ。

 長尾峠は霧の中、赤いタンクのドカがベールに包まれて、霧の中からエクゾーストノート、イメージ通りの写真が撮れた。

 家に着いたらカラー(空)フィルムだった、まったく!?。

 

=03.31.=

 ドカ屋さんへ、ギア不調の相談に行くも、忙しくて早々に退散。

 

=04.01.=

 友人経由でドカ屋さんからTel.「昨晩は?だったの、シフトギアの不調はスプリング折れでクランクカバーだけで修理可能」、明日にでも相談に行こう。

 

=04.02.=

 「ドカの店に行ってくるよ」「ドカの店ってドカヤ?」とウチのカミさんまったく!?。

 ギアのスプリングとヘッドの無鉛化も併せてお願いした。

 「ずーっと乗るなら、有鉛ガソリンの心配よりバルブシートの打ち換え、来週いつでも持ち込み可」

 

=04.06.=

 ドカ持ち込み「ドカよろしくお願いします」。

 「エンジンスムース、圧縮が下って来てるから?、ミッションOK.です。」

 

=04.11.=

 ヘッドばれたかな?、夕方ドカ屋さんへ。

 店の戸締りをしていた、息子とスタジアムへ行くとか、いいお父さんの様でホットする。

 

=04.16.=

 ドカが帰宅した。

 夕方ドカ屋さんよりTel.「できたよっ!」、夕食後取りに行く。

 カッチリと音が静かになったのに驚く、排気音が一段とはっきりして来た。

 ギアダウン不調も解消した(当たり前だけど)、手持ちのヘッドで直ぐやってくれた、早く乗りたい気持ちを察するセンスが気に入ってしまう。

  注意は、十分な暖気とスムースなスロットル操作、箱根行きはOK.、本番を走りながら慣らしが出来るゾー。

=04.19.=

 初乗り、帰宅してヘルメットを脱いでも、

耳クソは落ちて来なかった。

 07:00国府津PA.、途中から小雨、帰宅。

 4000回転で十分と思っていたが、物足りない自分を見直した。

=04.20.=

  ドカ屋さんへ初乗りのお礼「これからもドカよろしくお願いします」

 

☆=‘09.07.07.=☆

 20年前にタイムスリップしてたら、ドカ屋さんからのTel.で呼び戻された。

「エンジン掛かっちゃったよ」、居ても立っても居られなくて出かけて行ったらドカ師匠がカウルを取り付けていた。

 翌日の夜のミーティングに出掛けて行ったら、たった今、箱根から帰りましたって顔して待っていた。

 本人は入院1年で帰宅したのに、分身は2年前に箱根へ行ったきり音沙汰無し、それを忘れてちゃっかりの相変わらず、ドカも変わらず元気ですと言ってるが、FフォークがM1R.からフォルセラに、Fホイールがマグからノーマルに変わってたり、タンクとカウルがやけに綺麗だったり、バレバレなのに、まったく。

 今朝起きたら、いつもの場所で笑ってた!?、夢か幻か証拠写真を撮ったがマスマス解らない写真の出来上がり、夢と現実のドカバタ1週間、ドカまで信じて良いのやら。

 

=04.25.=

 友人と箱根へ行くつもりがセル回らず、車で国府津PA.までゴメンナサイと謝りに行った。

 帰宅してセル押したら簡単に始動、悔しくて第三京浜往復した。

 街中の乗りやすさを考え、ファイナルを33Tから36Tにしたら、5速4000回転で105Km/hが95Km/hになっていた。

 

=05.02.=

 Soloでつばきラインへ。

 帰りの東名を100Km/hで走っていると、振動もなくツーリング気分、沼津往復をしてしまった。

 

=05.03=

 ドカ屋さんのドカを応援がてら、カメラを提げて筑波サーキットへ。

 ドッカで見たお兄さんが黄色いドカで登場、顔を見合わせて「あっ!」、3月15日海老名SA.の手前で、押し掛けを手伝った851さんだった、世の中狭いっ!?。

 草レースをイメージして行きましたが、アベレージが上がっていて皆んな目を吊り上げて走っていました。

 ドカも大部分がF1以降でした。

 

=05.23.=

 いつもの箱根へ、いつもの一人で。

 

=05.24.=

  ドカで1泊の予定がザンザン降り、昨日走って正解だった。

 

=05.31.=

 先週走れなかったので、皆んなで箱根へ。

 長尾峠でF1に乗って見た、コンパクトで一寸窮屈な感じ、エンジンは共通点の吹け上がりの良さ。

=06.06.=

 Soloで箱根、帰りにドカ屋さんへ。

 時々セルが回らないのはバッテリィーのせい、毎回充電?。

                                     TOP